トランクルーム使用についての成功例と失敗例

トランクルームは荷物を置いておくために借りる部屋のことです。トランクルームは建物の有効活用として使われていたり土地活用で行われたりと、その品質にはバラつきがあり、利用する場合には注意が必要です。ただトランクルームのメリットとしては、賃貸契約とは異なり契約が簡素なところが多く身分証明書とハンコがあれば利用ができます。良いトランクルームとしては、空調設備とセキュリティが整っているところで、盗難に対する保険も用意されているところであればある程度の高価なものも保管できます。一方で悪いトランクルームとしては設備が整っていない場所です。このようなところは費用が安い反面で空調が整っていないことで保管している物が傷むリスクが高くなります。いずれにしても、トランクルームを利用するさいには目的と設備を十分に配慮する必要があります。

トランクルームでの具体的な成功例

トランクルームはあくまでも荷物を保管しておくための部屋になります。使い方は人それぞれですが、メリットとしては、自宅で使わない荷物を預けておくことができるというものです。例えば季節に合わせた衣類や家具などを預けておけば自宅で広い空間を得ることができます。また現在は使用しないものの将来的に使用したいものを保管しておくのにも向いています。特にトランクルームの上手な使い方としては、特定の季節にしか使用しないスキーやサーフボード、またスタッドレスタイヤなどを保管するといったことがあります。またトランクルームはいつでも契約が解除できるので、広い部屋を借りるよりも負担が少ないのもメリットですし、賃貸の住み替えをするさいにトランクルームに一時的に荷物を預けるといった使い方もあります。

トランクルームでの具体的な失敗例

トランクルームを利用して失敗してしまうということの方が多いので利用するさいには十分に注意する必要があります。もっとも多いのが空調設備とセキュリティです。安価なところではコンテナやガレージを貸しているといったところがほとんどで空調設備がないところもあります。このためルーム内の環境が特に夏場には過酷になるため、預けたものが傷んでしまうリスクがあります。このため品質を気にするのであれば、空調設備の整ったところを利用するのが無難です。またセキュリティ面でも安価なところでは単に施錠しただけのところが多く、敷地内への侵入が制限されていないこともあり、盗難のリスクがあります。このため貴重品などを預ける場合にはセキュリティや保険の整ったところを利用するのが無難です。